風の森(かぜのもり)


創業は1719年。奈良盆地の西南、大和葛城山、金剛山に囲まれた自然豊かな場所に蔵はあります。

グラスに注いだときの透明感のあるレモンイエロー、わずかに残る発酵時の炭酸ガスが弾ける音、顔を近づけると漂うほのかな果実の香り、口に含むと鼻に抜ける爽やかな香りとボリューム感のある味わい、喉元を過ぎた後に綺麗にまとめていく余韻のある酸味。
お酒を飲む一連の動きの中で、人間の五感をくすぐるお酒を造っています。

11