大石酒造 鶴見(つるみ)・莫祢氏(あくねし)

創業1899年。大石酒造がある阿久根市は、「アク」が魚を、「ネ」が岩礁を意味する通り古くから漁港として栄えてきた土地です。
芋は地元で作られる「しろゆたか」水は地元の井戸水を使用し、小さな蔵元故の「こだわり」、大量生産では伝えきれない「杜氏の心」を時代に惑わされること無く伝えていくことを使命に焼酎作りをしています。
5